プジョー板金塗装修理
Header image

 

今日も、先月修理の一台をご紹介。
プジョー307を板金塗装修理いたしました。

写真で見るより、損傷は大きく(バンパーのようなプラスチック部品はぶつかった瞬間は凹みますが、後から戻ります。でもなかの柱はやられます・・)、フレームもゆがみ、ナンバーは取れているし、左ライトはガタガタでした。

伊倉板金はほとんどの場合、予約でスケジュールがある程度埋まっているので、急な入庫には対応しきれない場合がございます。ただし、お預かりまでの期間、最低限走れるように、応急処置をしてお帰りいただきます。このお車も1週間ほどお待ちいただきました。

そのような場合でも、他の工場に出さず、お待ちいただいたほうが、お客様のためだと思っているからこそ、よほどお急ぎで無い限り、お断りはしません。

「待ってて良かった」ときっと思っていただけるはず!

伊倉板金は輸入車修理は経験豊富です。どんな車でも基本的には受け付けます。先週もプジョー206を修理しましたよ。

 

最近、本当に多いのがプジョーの板金塗装修理です。
さすがに2台のプジョー307が並ぶのは珍しいので写真を撮ってみました。

青い307は、保険での修理(車両保険免責5万円サービス!)、オレンジの307は比較的小さな損傷での入庫です。ボルボやフィアットやシトロエンやアルファロメオなど、わりとマイナーな輸入車でも、目黒近辺ではよく見かけます。弊社への入庫もコンスタントにあります。修理工場によっては、不慣れな車を敬遠する工場も今だに多いのが現状です。ただし、伊倉板金は輸入車修理は経験豊富です。どんな車でも基本的には受け付けます。今日は他にプジョー206ワゴンも入庫しました。